Introduction

「 僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ 」

願いから生まれる魔法少女の物語が再び、新たな物語としてつむがれる。
					2010年1月からTVシリーズとして放送され、大きな話題となった
					「魔法少女まどか☆マギカ」が全国公開決定した。

監督の新房昭之、脚本の虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案の蒼樹うめが作りだす、
					かわいらしい少女たちの日常、先の読めないスリリングな展開、
					少女と魔法少女が暮らす世界観。
					アニメーション制作を手掛けるシャフトの映像表現と、
					異空間設計を担当した劇団イヌカレーのアバンギャルドなビジュアル、
					音楽を受け持つ梶浦由記のドラマチックなBGM。
					当代きってのクリエイターたちが手掛けるストーリーは幅広い分野から高い評価を集めた。
					TV放送後に発売されたBlu-ray第1巻は、初週売上53,000枚を記録し、TVアニメ
					史上最高の売上となり、第2巻ではさらにその記録を塗り替えることとなった。
					主な受賞歴として
					「第16回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門」
					「ニュータイプアニメアワード(14部門で受賞)」
					「東京国際アニメフェア2012・第11回東京アニメアワード」
					「日刊スポーツ第1回日刊アニメグランプリ」
					「第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞」など。
					 まさしく2011年を代表する作品のひとつとして、輝きを放ったのである。今回公開となる劇場版は、TVシリーズ全13話を再編集した2作であり、
					本作は「[前編]始まりの物語」と「[後編]永遠の物語」というタイトルで、
					[前編]2012年10月6日(土)、[後編]10月13日(土)から全国の劇場で順次
					公開されることになった。TVシリーズを観た人には感動をよみがえらせる機会となり、
					TVシリーズを観ていない人にとっては『魔法少女まどか☆マギカ』の真髄を
					圧縮還元してあじわうことができる機会になるだろう。

「 さあ、鹿目まどか--その魂を代価にして、君は何を願う? 」

少女たちの戦いが再びはじまる。

TOPに戻る